グルメ・温泉・レジャー等の遊びも楽しみながら
安心安全お得な【らくらく合宿免許】で合宿免許に行こう!

知って得する!合宿免許!

就職活動に運転免許は必要?

キービジュアル

高校生、大学生のみなさんは、就職活動で「運転免許があると有利なの?」と考えることがあるかもしれません。ここでは社会に出て、どんな場面で運転免許が必要になるのか考えてみましょう。

どんな職業・職種で運転免許が必要なの?

運送業、建設業

業務と車が密接に関わるこの業界では普通車の運転免許はもちろん、入社後に中型車・大型車・けん引などの資格が必要となる場合があります。特に建設や鉄鋼関係ではトラックの荷積みや荷下ろしにクレーンを使用する場合もあります。将来的には補助資格として玉かけやフォークリフトの資格も取得していくと様々な場面で活躍できるでしょう。

営業職、MR等

金融、医療系は学生にも人気の業界ですが、意外に知られていないのは金融、医療系の営業職で運転免許が必須となる事です。営業職・MR職は、顧客と継続的に会うことで信頼関係を築く必要がある為、週2~3日は車を使って外出し、どこかの客先を訪問します。この時に運転免許がなければ仕事になりません。

マスコミやWEB系の制作会社や広告会社

クリエイティブ業界はパソコンに向かって仕事をする印象がありますが、実は取材のために車を使う事が多いです。制作会社の担当者はクライアントからの依頼によっては、どこでも取材に出向きます。実際に取材先を訪れ、取材対象となる人や物の情報を集め、WEBなどの広告媒体に掲載をします。また車であれば重い機材を載せて移動ができるので便利です。

事務職

都心の事務職であれば、電車やバスなどの公共交通機関が発達しているので、あまり車を利用することはありません。一方、地方だと必須になる場合があります。日々の業務の中で役所に書類を提出しに行ったり、銀行に行ったりするような外出の機会が多いのであれば、運転免許があった方が便利です。縁の下の力持ちとして、忙しい上司や営業マンにちょっとしたお使いを頼まれることも多いです。そんな時に運転免許があれば社用車を気軽に使えるのは、会社にとっても助かりますね。

介護・福祉業界

福祉関係の施設では介護を必要とする方の送迎が必要です。デイケア、デイサービスなどの場面でも運転免許は必ず必要になりますね。

社用車がある会社

企業によっては、社用車がある場合、電車やバスより社用車を使うように言われることもあります。それは社用車を持っているだけで会社に経費が発生するためです。会社は社用車を使わないと損をする仕組みとなっているので、社用車のある会社なら、公共交通機関と社用車とどちらも使用できる場合は、社用車に乗るよう言われる事も多いので、その為にも運転免許の取得が必要です。

運転免許を持っていないと、採用されないの?

新卒採用で入社まで1年ほど余裕がある場合は、就職活動時に運転免許を持っている、持っていないで選考の可否が行われることはめったにありません。ただ、採用時点では運転免許を持っていなくても、「入社するまでには運転免許を取ること」が条件になる場合があります。

学生のうち運転免許を取得しよう!

学生のみなさんは日々、部活やサークル、授業などで忙しい時間を過ごしています。特に大学生になると、アルバイトや趣味なども加わり、“気が付いたときには卒業まであとわずか・・・”なんてこともあります。そんな時には短期で運転免許が取得できる合宿免許を利用してはいかがでしょうか。将来どんな事をしたいのかまだ迷っていても、運転免許があると行動範囲が広がることは間違いないです。社会人になってからは、さらに自由な時間がなくなります。学生のうちに、早めに運転免許を取得しておくとメリットも多いでしょう。

ご相談・お申込みはこちら

当社が選ばれるその理由とは!!

知りたい情報満載!!運転免許ガイド

facebook

Twitter

LINE

指定自動車教習所 公正取引協議会 会員証

株式会社毎日コムネットは指定自動車教習所公正取引協議会の賛助会員です。
指公協とは、運転免許を取得される消費者の皆さんが、「価格の不当表示や虚偽の広告等のない、安心で信頼できる教習所」を選んでいただくために、公正取引委員会の認定を受けた全国組織です。

プライバシーマーク

JPX

JPX