グルメ・温泉・レジャー等の遊びも楽しみながら
安心安全お得な【らくらく合宿免許】で合宿免許に行こう!

知って得する!合宿免許!

AT車??MT車??どちらの免許を取得する?

キービジュアル

「車の免許を取りたいけど、普通車の車種の違い『AT車とMT車』がわからない。どっちを取得するのがいいの?」という質問がらくらく合宿免許に多く寄せられます。これから運転免許を取得する場合、AT車・MT車のどちらがあなたに必要なのでしょうか。

まずは、MT車とAT車の違いについて知りましょう。

■MT車って?

MT車とは、マニュアルトランスミッションの車をさします。

・自分でクラッチペダルの操作を行い、ギアチェンジをする必要がある車種

・足で踏むペダルが3つ(アクセル・ブレーキ・クラッチ)

・AT車より難易度が高い

・技能の教習時間は最短で34時限で、AT車よりも長い

AT車の車を運転することも可能

・教習費用が高い

クラッチペダルがうまく操作できるようになると、自由自在に車を運転することができるのがMT車の醍醐味ですね。

ちなみにクラッチとは、動力伝達装置で、アクセルを踏みエンジンに動力が行き、そこから車輪にちょうどいい量の動力を送る装置です。そのため、MT車はクラッチペダルをうまく踏めないとエンジンが止まってしまい、エンスト(エンジンストール)がおきてしまいます。

■AT車って?

・自動的にギアチェンジを行ってくれる車種

・クラッチペダルの操作が必要ない分、MT車よりも簡単

・足で踏むペダルが2つ(アクセル・ブレーキ)

・技能の教習時間は最短で31時限

 MT車を運転できない(MT車を運転したい場合は、AT限定解除が必要。AT限定解除には再度教習所に通い、AT限定解除の教習を受け免許を更新する必要がある。約5万円くらいの費用が掛かる。)

AT車、MT車の普及率

現在、日本で普及している車の約90%がAT車になります。AT車はMT車に比べ、クラッチペダルの操作がないので、アクセルを踏むと発進し、ブレーキを踏むと停止します。男女問わずただ車の免許がほしいだけと思っている方は、AT車の免許を取得する傾向があります。一方、MT車は女性向けに可愛く作られている車がなかったり、坂道から発進するのに、一操作必要になったりします。でも、普及している車のほとんどがAT車の中、MT車を運転していたらかっこいいですね。

 

MT車を取得する人

では、どんな人にMT車が必要なのでしょうか。MT車を取得される方は、今後仕事でMT車を運転する予定がある、車関係の仕事をする、実家にMT車の車があるなどの理由があることが多いです。また、車が好きな方、運転を楽しみたい方、車本来の仕組みを知りたい方もMT車を取得されます。

AT車とMT車の違いはわかりましたか。それぞれにメリットがありますので、自分に必要な免許を取得しましょう!

ご相談・お申込みはこちら

当社が選ばれるその理由とは!!

知りたい情報満載!!運転免許ガイド

facebook

Twitter

LINE

指定自動車教習所 公正取引協議会 会員証

株式会社毎日コムネットは指定自動車教習所公正取引協議会の賛助会員です。
指公協とは、運転免許を取得される消費者の皆さんが、「価格の不当表示や虚偽の広告等のない、安心で信頼できる教習所」を選んでいただくために、公正取引委員会の認定を受けた全国組織です。

プライバシーマーク

JPX

JPX