グルメ・温泉・レジャー等の遊びも楽しみながら
安心安全お得な【らくらく合宿免許】で合宿免許に行こう!

知って得する!合宿免許!

運転免許の写真で写りをよくするにはどうしたらよい?

キービジュアル

運転免許の写真を見せる機会は多いですよね!しかし、写真写りが良くないと感じる方も少なくありません。これから免許の取得や更新をする方の中には「どうしたら写真写りが良くなる?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、ここでは免許証の写真で写りをよくする方法をご紹介します!前提として、運転免許にどんな写真が使えるのかについても知っておく必要がありますので、まずは運転免許に使える写真、続いて免許証の写真で写りをよくする方法といったように順を追ってお伝えします!

運転免許に使える写真とは?

人物 男性 青年 若い 若者  外国人 外人 外国人男性 外人男性 20代  私服 ラフ カジュアル シャツ ポーズ  表情 ポートレート スタジオ撮影 白バック 白背景 上半身 正面 笑顔 スマイル にっこり 証明写真 mdfm049

 

運転免許は、個人を証明するときにも役立つものです。そのため、免許証に使う写真は個人を識別できるものである必要があります。免許証で使える写真、個人識別ができる写真として以下に紹介する条件があります。

 

・縦3cm×横2.4cmのもの

ただし、国外運転免許証申請時に添付する写真サイズは、縦5cm×横4cmです。

 

・背景が白でないもの

極端な原色は使用不可としているところが多いので、薄グレー、ブラウン、ブルーいずれかの単色にするとよいでしょう。また、都道府県によっては背景をピンクにすることもできます。あらかじめご確認ください。

 

・帽子などをかぶっていない

宗教上、あるいは医療上の理由で普段からスカーフ帽子や帽子、ウィッグなど着用している場合には、それらを着用した状態で撮影することもできます。希望される方は事前に相談しましょう。ただし、顔の輪郭や目元が隠れている、もしくは影などで見えないものは不可となります。

 

・体や目が正面を向いている

体勢や視線が正面を向いていないものは使用できません。

 

・上三分身のもの

上半身や下半身は、体を上下2つに分けて表現するときに使いますよね。上三分身というのは、体を3つに分けたときの最も上の部分を表します。つまり、胸から上を指します。

 

・申請前6ヶ月以内に撮影したもの

免許証の写真として不適切なもの

人物 男性 青年 若い 若者  外国人 外人 外国人男性 外人男性 20代  私服 ラフ カジュアル シャツ ポーズ  表情 ポートレート スタジオ撮影 白バック 白背景 上半身 正面 あくび アクビ 欠伸 退屈 眠い 疲れる 疲労 証明写真 mdfm049

 

適切な写真の基準はお伝えしたものの、「この場合は免許証の写真として認められるの?」といったように疑問に思うこともあるでしょう。そこで、ここからは免許証の写真として不適切なものを見ていきましょう。

 

■写り方

・顔を傾けているもの

・体や目線が正面を向いていないもの

・体が写真の中心からずれているもの

・上三分身でないもの

・笑っているもの

・目を細めているもの

・明るすぎる、もしくは暗すぎるもの

・裸に見えてしまう服装

・前髪などで目が隠れているもの

・衣類やスカーフ、ヘアバンドなどで顔や目が隠れているもの

・カラーコンタクトを使用しているもの

・サングラスやマスクを使用しているもの

・眼鏡が反射で光って目が見えないもの

 

■背景

・白色のもの

・着衣と背景が同色のもの

・赤色や黒色といった極端な原色のもの

・ドット(網状の点)やジャギー(階段状のギザギザ)があるもの

・グラデーションのあるもの

 

■写真自体

・写真を修正

・合成しているもの

・写真専用紙で印刷していないもの

・写真をコピーしたもの

・不鮮明であったり、変色や傷、汚れなどがあったりするもの

・粒子の粗いもの

・ブレやピントのボケがあるもの

・スナップ写真

事前に撮影した写真を持ち込むことはできる?

運転免許の写真は見せる機会の多いもの。しかし、写真写りがよくないと感じる方も少なくありません。それもそのはず、運転免許センターで撮る写真は専門のカメラマンが撮るわけではありませんし、写りのよい写真を撮ることよりも免許に適した写真を撮ることを目的としているのです。それゆえにカメラ屋や写真屋などのような照明器具はなく、簡素な設備しかありません。とはいえ、写りのよい写真を諦めるのはまだ早いです。都道府県によっては写真を持参することが可能となっています。事前にカメラ屋や写真屋での写真撮影ができるので、写りのよい写真を免許証に使うことができるのです。例えば、茨城県の場合は、初めての免許取得の際にも持参した写真を使えます。また、東京都の場合は、更新のときに限り、持参写真の使用を認めています。気になる方は、該当都道府県の警察や運転免許センターの公式サイトで確認してみてください。

運転免許センターでの写真撮影でも写りをよくするコツはある

運転免許センターには簡素な照明設備しかないということは、すでにお伝えした通りです。ですので、事前にカメラ屋や写真屋で撮った写真を持参するのがベストです。しかし、写真を持参できない場合もあるでしょう。そこで、運転免許センターで写真を撮ることになる方のために、写りをよくする6つのポイントをご紹介します。

 

ポイント1:服装やアクセサリー

服装を明るい色にするのがおすすめ。明るい服にすると、顔も明るく見えます。白い服ならレフ板のように、光を顔に集めやすくなるでしょう。また、派手なアクセサリーは外すことになるかもしれませんので、アクセサリーも慎重に選ぶようにしてください。撮影前には、襟が整っているか、ボタンがかけてあるか、ネクタイの結び目がキレイになっているかといったことを確認しておきましょう。

 

ポイント2:髪型

髪型によって受ける印象は大きく異なりますね。ですので、髪型には特に注意してください。先ほどもお伝えしましたが、髪などで目や輪郭が隠れると免許証の写真としては使えません。このことに注意しながら、どういった髪型にするのか考えてみてください。寝ぐせに関しては言うまでもありませんね

 

ポイント3:メイク

メイクが濃すぎると、場合によっては免許証の写真として使えないと判断されてしまいます。周りからメイクが濃いと言われる、あるいは自覚のある方は普段より少し薄めのメイクにするとよいかもしれません。また、午後に受験をする場合には、写真撮影の時間が遅くなってしまいます。遅い時間になるとメイクも崩れやすく、むくみが気になることもありますので、可能であれば午前に行われる試験がおすすめです。

 

ポイント4:表情

笑っている写真は使えませんが、真顔よりも微笑みのある顔のほうが好印象です。ただ、無理に微笑もうとすると顔が引きつってしまいますので、少し口角を上げる程度にしてください。「い」と口にすることを意識するとよいでしょう。

 

ポイント5:姿勢

猫背の場合には、顎を突き出したような写真になってしまいます。ですので、写真撮影の際には、背筋を伸ばして正しい姿勢にすることがポイントです。お腹と背中に力を入れて、背筋をピンと伸ばしましょう。

 

ポイント6:顎を引く

小顔に見せるには、顎を引くのが効果的。しかし、顎だけ引くと睨んでいるような印象になってしまいますし、なにより顎の下にお肉が溜まりやすくなります。頭を首を後ろに引くように意識すると、上手く小顔に見せることができます。

 

運転免許センターでの写真撮影は、事務的、機械的に行われます。1人目が終わったらすぐに2人目といったように効率よく撮影していくため、予想よりも早く自分の番が回ってくるでしょう。その段階になって身だしなみを整えようとしても鏡はないですし、列になっているのでお手洗いにも行きにくい雰囲気となります。ですので、証明写真の撮影のための移動が始まる前のタイミングで、身だしなみを整えることが大切です。

 

以上、免許証の写真で写りをよくする方法をご紹介しました。免許証の写真を変更できるのは数年に1度のこと。免許証を見せる機会は多いですから、その数年に1度の写真撮影にはこだわってみてはいかがでしょうか。ここに紹介した方法を参考にして、納得のいく写真にしていきましょう。

ご相談・お申込みはこちら

当社が選ばれるその理由とは!!

知りたい情報満載!!運転免許ガイド

facebook

Twitter

LINE

指定自動車教習所 公正取引協議会 会員証

株式会社毎日コムネットは指定自動車教習所公正取引協議会の賛助会員です。
指公協とは、運転免許を取得される消費者の皆さんが、「価格の不当表示や虚偽の広告等のない、安心で信頼できる教習所」を選んでいただくために、公正取引委員会の認定を受けた全国組織です。

プライバシーマーク

JPX

JPX