グルメ・温泉・レジャー等の遊びも楽しみながら
安心安全お得な【らくらく合宿免許】で合宿免許に行こう!

知って得する!合宿免許!

車の免許を取得する!効果的な勉強法とは?

キービジュアル

自動車免許の取得には技能だけではなく学科の試験を受けることになります。合格率はなんと7~8割。一度落ちると、日を改めて運転免許センターに受験に行くことに・・・・・・。そうなるのは嫌ですよね。そこで、ここでは学科試験に効果的な勉強方法をお伝えします。

学科試験とは

学科試験とは、ペーパーテストのことです。運転に関する法律や、交通マナー、道路標識についての試験となります。大きく分けて仮免許を取得するための学科試験と、本免許を取得するための学科試験の2つがあります。それぞれの試験前には学科教習の内容を理解しているか確かめるための効果測定と呼ばれるものに合格する必要があります。

学科試験の流れと詳細

①仮免学科試験前の効果測定

時間:約30分

問題数:50問

配点:1問2点の正誤(〇✕)問題

合格基準:90点

 

②仮免学科試験

時間:30分

問題数:50問

配点:1問2点の正誤(〇✕)問題

合格基準:90点以上

 

③卒業前の効果測定

時間:約45分

問題数:95問

配点:1問1点の正誤(〇✕)問題+1問2点の危険予測(イラスト)問題5問

合格基準:90点以上

 

④本免学科試験

時間:50分

問題数:95問

配点:1問1点の正誤(〇✕)問題90問+1問2点の危険予測(イラスト)問題5問

合格基準:90点以上

 

※効果測定の時間に関しては自動車教習所によって異なります。

学科試験の効果的な勉強法とは

仮免でも本免でも、学科試験の出題内容は大きく変わることはありません。もちろん効果測定においても同じです。ですから、ここでご紹介する勉強方法は仮免前の効果測定の勉強にも効果的というわけです。さっそく勉強方法を見ていきましょう。

 

勉強法1:学科教習や教本を上手に活用する

学科教習では指導員の方が、ポイントを絞って説明してくれます。そのポイントは試験で出題される可能性も高いため、この学科教習の時間を最大限に活用して頭に叩き込みましょう。また、教本には付箋を貼ったり、書き込んだりしていってください。キレイに使おうと、ノートを用意して板書を残す方もいますが、免許を取得してしまえば、教本を使うことはまずありませんよね。しかも、ノートを使った場合には、教本とノートがなければ復習の効果が薄くなると感じることもあるでしょう。時間をかけてノートを作った割には見返さなかったり、ノートを持ち運んで開くのにかさばってしまったりするはずです。ですから、教本を見たときに学科教習を思い出せるほどに書き込んでいくことをおすすめします。ただ、殴り書きをすると見返したときに分からなくなってしまうこともあるので、キレイに教本を汚していきましょう。

 

勉強法2:欠かさず復習をする

学科教習の時間を最大限に活用した後は、復習にも力を入れましょう。なぜなら、学科教習を1回聞いただけでは忘れてしまう可能性が高く、1回ですべて覚えようというのは非常に難しいためです。記憶として定着させるためには繰り返し勉強して、その記憶を何度も引き出すことが重要になります。何度も引き出される記憶は、脳が重要なものだと判断して記憶するのです。ですから、学科教習を受けっぱなしにするのではなく、必ず復習しましょう。時間が経つにつれて忘れやすくなりますので、復習するタイミングとしては一度インプットしてから可能な限り早いタイミングがおすすめです。

 

勉強法3:問題集を上手に活用する

自動車教習所で学ぶ方には問題集が配られます。その問題集を何度も繰り返して解くということが重要です。先にご紹介した勉強法1と2はインプットです。記憶を定着させるためにはインプットだけではなく、アウトプットも重要になります。そこで、活躍するのが問題集。何度もアウトプットを繰り返して記憶していきましょう。また、この問題集は実際のテストで出題されるものと同じ形式です。ですから、この問題集を解いていくことによって出題傾向を把握し、問題に慣れることができるというメリットもあるというわけです。教習生の中には「この問題集だけで大丈夫なの・・・・・・?」と不安に思う方もいるかもしれません。基本的に自動車教習所を利用する方は、市販の参考書は買わなくても問題ありません。

 

勉強法4:パソコン学習機やスマホアプリを上手に活用する

自動車教習所には、パソコン学習機があることもあります。この学習機では効果測定や、仮免・本免の学科試験の際に出される問題と同様のものを解くことができます。紙とペンでの勉強が嫌になってしまった方はパソコン学習機を使うのもおすすめです。また、最近では学科試験の勉強用にスマホアプリがいくつもあります。スマホアプリであれば、通勤・通学のときなどの隙間時間を使って手軽に勉強できるので、ぜひ活用してみてください。

 

勉強法5:間違えやすい問題を把握しておく

問題集やパソコン学習機、スマホアプリで実際のテストと同様の問題を解いていく中で、自分が間違えやすい問題を把握しておくというのも重要なポイントです。何度も繰り返して問題を解き、自分の苦手ポイントを把握した後は、その苦手ポイントを集中的に勉強しましょう。また、間違えやすい問題の中には、自分だけが苦手な問題もあれば、ひっかけ問題もあります。ひっかけ問題に関しては事前に覚えておくと、学科試験の際に、ミスを減らすことができるでしょう。

注意すべき問題

勉強方法5で少し触れましたが、問題を解いていくと、いわゆるひっかけ問題があることに気づきます。どういったものがあるのかを見ていきましょう。

 

■信号

信号については簡単なように感じていても、問題を解いて勉強しておきましょう。

 

例題

右折の青の矢印信号が表示されているときは、信号機の信号が黄や赤であっても、右折する車は一時停止、安全確認を行った上で進むことができる。

 

答え

一時停止は不要です。一見安全なように感じるかもしれませんが、一時停止すると逆に危険です。

 

■追い越しと追い抜き

追い越しと追い抜きに関して、その違いや禁止事項などを覚えておくようにしましょう。追い越しは前の車を追い越すために一度追い越し車線に入り、車を抜いた後に走行車線に戻ることを言います。その一方、追い抜きは隣の車線を走る車を追い抜いていくことです。

 

例題

左側部分の幅が、6メートル未満の見通しのよい道路で、他の車を追い越すときは、中央から右側にはみ出して通行することができる。(標識や表示によって禁止されている場合を除く。)

 

答え

 

■徐行と減速

徐行と減速に関してもその違いを知っておきましょう。徐行はおおむね時速10㎞以下の速度のことで、減速は単純に速度を下げることです。また、どの状況だと徐行をする必要があるのかといったことも頭にいれておきましょう。

 

例題

児童、幼児の乗り降りのために止まっている通園、通学バスに追いついたので、減速して側方を通過した。

 

答え

停止中の通学、通園バスのそばは徐行して安全確認する必要があります。

 

なお、日本語に関しても注意が必要です。「必ず」、「すべて」などの文言が入っている場合には注意してください。それに加えて、数字に関する決まりがあるものは必ず暗記しておくようにしましょう。

学科試験に落ちた時の対処法

しっかりと準備をしていても、学科試験に落ちてしまうこともありますよね。落ちてしまったときにはどういう流れになるのでしょうか。試験の種類に応じてご紹介します。

 

・仮免学科試験の場合

仮免学科試験に落ちた場合には再受験となります。言うまでもなく、合格するまで再受験ということです。再受験には手数料1,700円がかかります。

 

・本免学科試験の場合

本免学科試験で落ちてしまった場合も、仮免学科試験のときと同様に再受験をすることになります。再受験には3,800円の手数料が必要になります。当然のことながら再受験の会場も運転免許センターです。平日しか受験できませんので、土日休みの会社勤めの方はぜひとも一発で合格したいところですね。

 

※ここに紹介した金額はあくまで法令に定める標準額(2019年5月現在)となりますので、該当の都道府県を管轄する公安委員会のホームページよりご確認ください。

 

 

以上、学科試験を一発で合格するための効果的な勉強方法をお伝えしました。これを参考にして勉強していき、一発合格を目指しましょう!

ご相談・お申込みはこちら

当社が選ばれるその理由とは!!

知りたい情報満載!!運転免許ガイド

facebook

Twitter

LINE

指定自動車教習所 公正取引協議会 会員証

株式会社毎日コムネットは指定自動車教習所公正取引協議会の賛助会員です。
指公協とは、運転免許を取得される消費者の皆さんが、「価格の不当表示や虚偽の広告等のない、安心で信頼できる教習所」を選んでいただくために、公正取引委員会の認定を受けた全国組織です。

プライバシーマーク

JPX

JPX