グルメ・温泉・レジャー等の遊びも楽しみながら
安心安全お得な【らくらく合宿免許】で合宿免許に行こう!

知って得する!合宿免許!

合宿免許で途中退校するとどうなるの?

キービジュアル

「途中退校するとどうなるの?」と疑問に感じている方のために、ここでは合宿免許の途中退校についてご説明します。これを参考にして合宿免許の利用を検討してみてください。

合宿免許でも途中退校は可能

合宿免許参加者の中には、楽しく充実しているといったようなポジティブな意見もあれば、つらくて帰りたいといったようなネガティブな意見もあります。様々な人がいるので当然ですが、ネガティブな意見を持っている方の中には「途中退校できるの?」と疑問や不安を感じている方もいます。もちろんネガティブな理由でなくても、何か用事が入ってしまって途中退校したいと考える方もいるでしょう。結論からお伝えすると、途中退校することは可能です。可能ではありますが、金銭的にも時間的にも損失が大きくなってしまいますので、あまりおすすめできません。

途中退校したら払い戻しはある?

途中退校を検討している方にとっては、お金が戻ってくるのかどうかは気になりますよね。結論からお伝えしますと、戻ってくる場合もありますし、逆に追加料金を支払う必要が出てくる場合もあります。教習がどこまで進んでいるのかによって金額が変わってきます。基本的には支払った料金から、当日までの必要費用と解約手数料を差し引いて精算することになります。もし、教習が卒業間際まで進んでいて必要費用がほとんど残っていない状態で途中退校すると、解約手数料の他に追加料金を支払わなければならなくなるという可能性があるというわけです。加えて、往復分の交通費は自己負担となります。

必要費用とは

必要費用というのは、教習にかかる費用などのことです。

 

・入学金

・教材費

・学科・技能教習費・検定費

・宿泊費

・食費

・その他

 

初期費用にかかる費用として入学金や教材費があり、日々かかる費用として教習費や宿泊費、食費などがあります。このうち日々かかる費用で残っている金額が払い戻しの対象となります。

退校してしまう前にすべきこと

途中退校をするのは、もったいないということがお分かりいただけましたね。外せない用事といった場合には仕方がないですが、どうしても退校しなくてはならないといったような理由がないのであれば、可能な限り途中退校しなくても済むようにしましょう。途中退校をしたくなる理由を挙げるとすれば「周りと馴染めない」、「教官との相性が悪い」、「運転のセンスがない」などが多い理由かと思います。

 

では、対処法はあるのでしょうか?

恥ずかしがらずに話しかけてみる

周りと馴染めないことで、合宿免許が嫌になってしまっている方もいます。恥ずかしがらずに自分から話しかけてみてください。話しかけられるのを待っているという方も多くいます。最初は少し恥ずかしく、緊張するかもしれませんが、合宿免許に参加している目的は皆同じで「運転免許を取得すること」なので、共通の話題は多いかと思います。なので、勇気を出して声をかけてみてください。一度話すと、他の方にも話しかけやすくなるでしょう。ぜひとも自分で殻にこもらず、積極的に話しかけていきましょう。

教官を嫌いと思いこまない

どうしても合わない教官もいますよね。教習生も教官も人間ですから、それは仕方のないことです。しかし、性格が合わない教官との組み合わせになった際に、どう考えるかどう振る舞うかが大切なポイントになります。潜在的に合わないなと感じていても「嫌い」と思いこまないことが重要でしょう。一度嫌いと思うと、感じるストレスが大きくなってしまいますが、その教官の良いところを探すようにすると上手くいくこともあります。もしどうしても嫌という場合には、受付の方に相談してみましょう。教習所にもよりますが、教官を代えるなどの対応をしてくれることもあります。

他の教習生と比べない

運転のセンスがないと悲観的に感じている方もいるかもしれません。おそらく他の教習生と比較して、自分は運転のセンスがないと思い込んでいませんか?その場合、他の教習生が少し運転に向いていただけと考えてみてください。全員が運転に向いているわけではありませんし、向いていなくても慣れてくれば、運転が上手になってきます。他の教習生とは比較せずに、自分は自分と割り切りましょう。少し前にできなかったことができるようになっているかどうかで判断してみてください。苦手なところがあれば、教官や他の教習生にコツを聞いてみるのもおすすめです。

 

対処法を読んで「自分には無理だ」と思った方もいるかもしれませんが、最初は誰でも勇気がいるものです。少し勇気を出して実行することで状況は大きく変わってくるでしょう。合宿免許に参加して途中退校したいと思ったときには、これを参考に一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

退校してしまう前に知っておくべきこと

「途中退校する」と心に決めた方も、退校してしまう前に知っておくべきことがあります。それは、払い戻し金についてです。先ほどもお伝えしたように、料金が戻ってこない、あるいは追加料金がかかる場合もあります。また、再び免許を取りたくなったときに、自動車教習所へ通い始めるとなると、お金も時間もかかってしまいます。辞めるのは簡単ですが、先のことを考えて慎重に判断してください。

合宿免許なら一時帰宅プランがある

タイトな日程で合宿免許に参加しようと考えている方、それから合宿免許の期間中に予定が入ってしまう可能性がある方もいますよね。そんな方には合宿免許の「一時帰宅プラン」がおすすめです。こちらは文字通り、合宿の途中で一時帰宅できるというものです。4月~7月、10月~1月の間といったように期間が定められているため、例として4月に一度参加して一時帰宅し、6月に続きの教習を受けに行くというようにご自身の予定に合わせて計画することができます。一時帰宅プランに興味のある方は「一時帰宅ができる合宿免許」をご覧ください。

 

ご相談・お申込みはこちら

当社が選ばれるその理由とは!!

知りたい情報満載!!運転免許ガイド

facebook

Twitter

LINE

指定自動車教習所 公正取引協議会 会員証

株式会社毎日コムネットは指定自動車教習所公正取引協議会の賛助会員です。
指公協とは、運転免許を取得される消費者の皆さんが、「価格の不当表示や虚偽の広告等のない、安心で信頼できる教習所」を選んでいただくために、公正取引委員会の認定を受けた全国組織です。

プライバシーマーク

JPX

JPX