グルメ・温泉・レジャー等の遊びも楽しみながら
安心安全お得な【らくらく合宿免許】で合宿免許に行こう!

知って得する!合宿免許!

合宿免許の途中でバイトや部活に参加できる!一時帰宅を利用した合宿免許プラン

キービジュアル

「合宿免許に参加したいけれど、学校行事やアルバイト、サークル活動があって、2週間のお休みが取れない...」そんな風に忙しく生活している学生さんに今人気なのが、合宿免許を2回に分けることが出来る一時帰宅プランです。 実は、合宿免許の期間中に用事があっても、一時帰宅プランを活用すれば合宿免許の期間を2回に分けながら問題なく参加することができるのです。 ここでは、合宿免許の人気プラン、一時帰宅プランについてご紹介します。

バイトや部活など、外せない予定があっても大丈夫!

高校生なら部活や学校行事や試験、大学生ならサークルやアルバイトや内定式など、休むことができない予定があると思います。そんな方の一時帰宅プランの活用術とは... 

~一時帰宅プラン活用術~

10月に免許を取りたい!でも10月中旬に外せない予定がある場合のスケジュール。

前半7日間の教習(10/5~10/12まで)

・10/5に自動車学校に入校して、10/12までの一週間で仮免許を取得(7日間の教習)

2日間の一時帰宅(10/13~10/14まで)

・10/12の教習後に自宅に帰宅、10/13~14で予定を済ませる(2日間の一時帰宅)

後半7日間の教習(10/15~10/21まで)

・10/15朝に自動車学校に再入校し、路上教習を開始

・10/21に卒業検定を受け、自動車学校を卒業

・10/21自宅に帰宅(10/15~10/21まで7日間の教習)

卒業後

・10/25本試験を地元試験場にて受験、免許を取得 

いかがでしょうか。この活用術があれば、2週間のまとまったお休みがとれなくても合宿免許が可能です。また、兵庫県にあるMランド丹波ささ山校は、複数回の一時帰宅が可能なフリースタイルプランも用意しています。スケジュールが合わずに合宿免許をあきらめていた方も、ぜひ検討してみてくださいね。

連続した休みが取れない社会人にもおすすめ!

社会人の場合、2週間連続で休みを取るのはなかなか難しく、合宿で免許取得することをあきらめている場合も多いのではないかと思います。しかし、今回ご紹介している一時帰宅プランを使うことで、社会人の方も合宿免許を利用しやすくなります。また教習所の宿舎やホテルには、Wi-Fiや有線LANなどのインターネットを使える環境も多く、自分のPCを持ち込んで、仕事をしながら教習を受けている方もいます。合宿免許というと、2週間拘束されてしまうイメージもありますが、忙しい方にもメリットがたくさんです。

一時帰宅プランなら、交通費も2回分支給される!!

「一時帰宅を利用すると、自宅までの往復の交通費が2回分かかることになるのでは・・・」と心配する人も多いかもしれません。しかし、一定の上限額までは教習所から交通費を支給してもらえるため、往復の交通費が上限額までにおさまっていれば、自己負担はゼロに抑えられます。

また、兵庫県のMランド丹波ささ山校では、フリースタイルプランといって合宿期間中に複数回帰宅出来るプランもご用意しています。教習所によってこのように、様々なパターンを想定した合宿免許のプランが用意されていますので、気になることがあれば、まずは問い合わせをして相談してみるとよいでしょう。

合宿免許は閑散期がおすすめ

一時帰宅プランと併せてチェックしておくと良いのが「閑散期は安い料金設定になる」ということです。オフシーズンである9月下旬~1月上旬、4月~7月上旬には安い料金で合宿免許に参加しやすくなります。一時帰宅のプランへの申し込みも頭に入れ、自分に合った合宿免許プランを考えていきましょう。

ご相談・お申込みはこちら

当社が選ばれるその理由とは!!

知りたい情報満載!!運転免許ガイド

facebook

Twitter

LINE

指定自動車教習所 公正取引協議会 会員証

株式会社毎日コムネットは指定自動車教習所公正取引協議会の賛助会員です。
指公協とは、運転免許を取得される消費者の皆さんが、「価格の不当表示や虚偽の広告等のない、安心で信頼できる教習所」を選んでいただくために、公正取引委員会の認定を受けた全国組織です。

プライバシーマーク

JPX

JPX